第6回箱根ノルディックウォーキング駅伝は2013年の新春箱根駅伝(2,3日)の翌日1月4日に開催されました。参加は定員一杯の50人。好天のもと、上り坂中心の18キロを多くの人が歩き通しました。

主催:みんなの体育(畑顕治代表)
協力:日本ノルディックウォーキング協会、日本ポールウォーキング協会、みんなの元気学校ほか

まず、集合写真を中心にご紹介。そのほかの写真は2回目以降掲載します。




無事芦ノ湖に到着して記念撮影  ※上の写真をクリックすると大型の写真が別ウィンドウに表示されます。



早朝9時に箱根湯本駅近くに集合、ストレッチのあと出発しました。


途中の休憩所にて


芦の湯手前にて


精進池にて。池には氷が張っていました。あと少しで芦ノ湖です。

(続く)

箱根ノルディックウォーキング駅伝写真集、連載2回目です。出発から時間を追ってご紹介します。


箱根湯本の集合地点で、主催のみんなの体育代表畑顕治さん


先導役の荒川さんと谷川さん


谷川さんの“選手宣誓”。谷川さんは、直前に行われた箱根駅伝で総合優勝した日本体育大学の出身です。駅伝はテレビで見ていてとても観劇したそうです。


冷えた体をストレッチ


いざ出発


箱根登山鉄道が頭の上を(出山バス停付近)


吊り橋の上で、登山鉄道をバックにスナップを撮るつもりが、橋は通行禁止になっていました。




いつもは参加者サポートのため畑顕治さん自身はポールを持って歩けないことが多かったのですが、今回は「歩く宣言」。




いつもの撮影地点を次々に通過。みなさん疲れは見えません。
























大平台の休憩所。主催者が用意したコーヒーやお茶がうれしいことでした。


休憩所でもストレッチ


富士屋ホテルの前を通過


富士屋ホテル前で記念スナップ


みんなでポーズ


小涌園休憩所で“給水”



(続く)


畑顕治さん(みんなの体育代表)


車道に出ないように歩いています。






芦の湯方面を望む











































(続く)

連載の最終回です。


芦の湯を過ぎたところにある精進池。ここはいつ来ても冷たい風が吹いている印象があります。






到着順に、池をバックに並び始めたところ。みなさんそろったら結局池は見えなくなりました。


芦ノ湖が見えてきました。






18キロ歩いたあとのクールダウン


みんなの体育代表の畑顕治さんから完歩証が渡されました。




スタッフのみなさん、お疲れ様でした!


上の写真と比べてどこが違うでしょう?


写すのが好きでやってますが、たまには写されてみるかな。右から畑顕治さん、新里るりさん、私(めんじょうさとし)です。

(完)