先日「Walking Hut 121 駒沢公園」オープンのニュースを掲載しましたが、私(めんじょう)は炎天下直接見に行ってきました。


田園都市線駒澤大学駅を降りて、自由通りという魅力的な名前のバス通りを歩いていきます。少し大回りになりますが、公園をみようと思っていったん公園に入りました。木陰の道を行き、公園東口を出てすぐ近くの住宅街に入るとすぐに見えました。素敵なHutです。


近づくとウォーキング用のポールの中に混じってコアヌードルが見えます。黄色い2本の棒。木々の間から青空をながめながら「コアヌードルでコアフィット」。大の字になるだけでも気持ちよさそうです。


中におじゃますると、オーナーの田村さんと、ちょうど訪問中のZAMAノルディック・ウォーキング同好会の梶田さん、都筑ノルディック・ウォーキングクラブの金子さんがいらっしゃいました。やがて121テラススタジオ北鎌倉の杉浦さんが到着。
室内はポール、コアヌードル、身体計測機器のほか、田村さんが10年来販売されている雑貨がぎっしり並んでいます。


さあ駒沢公園にくりだそう。
きょうは杉浦さんの指導で、シナノのレビータを使った「ポールウォーキング」を体験します。ポールウォーキングはポールを「前置き」のフォームで安定的に歩く方法ですので、特に足の弱い人でも始めやすいのがいいところです。いつもはポールを後ろに押し出すフォームでさっそうと歩いているみなさん、果たしてとまどったりしないでしょうか。


猛暑の日ですが、公園の木陰だとだいぶ楽です。まずはストレッチから。


なんと、すぐにみなさんすいすいと。さすがです。


もうどんどん先に・・・。

Walking Hut 121 駒沢公園。「足腰体幹」づくりのすばらしい拠点になることを確信して帰ってきました。

※この記事もご覧ください。

☆連絡先:
目黒区東が丘2−6−17  
fax 03-3421-0375
電話 090-3818-2556
e-mail tamura★terrace121.com  ★をはずして@を入れてください。

☆道順:
駒沢大学駅から自由通りを自由が丘方面に真直ぐ、3つ目の信号を左。徒歩6分。