北海道の大滝ノルディックウォーキング協会から設立10周年記念誌「健康の森を歩く ノルディックウォーキング」が送られてきました。これを見ると、一団体の歴史というよりも、日本のノルディックウォーキングの歴史がここにあると言っても過言ではないという印象を持ちました。



1999年にフィンランドのスキーヤー、トピ・サルパランタさんが大滝村にやってきて、初めてノルディックウォーキングの指導をしてくれたところから日本のノルディックウォーキングの歴史の幕が開きます。それから10年余、まだフィンランドやドイツほどではないとはいえ、日本でもノルディックウォーキングの知名度はかなりあがってきました。記念誌をめくると、ここまで来るまでのドラマが大滝にたくさん詰まっていることがわかります。

大滝ノルディックウォーキング協会は、ノルディックウォーキングという新しい健康ウォーキングを日本で広める役割を、世界とも直接つながって担ってきたのだという感を深くしました。これからも先導役としていっそう活動されていくことを期待します。

ウッドチップを敷き詰めたノルディックウォーキング専用コースをぜひポールを持って歩いてみたいものです。

同協会に申し込むと記念誌を入手することができます。ノルディックウォーキングに関心を持つすべての人にお勧めします。

◆お問い合わせ先
大滝ノルディックウォーキング協会事務局
e-mail o-nordic@snow.px.to
tel/fax 0142-68-6106

◆申込み(振り込み)先
ゆうちょ銀行に 1200円(送料含む)振り込んでください。
名義 大滝ノルディックウォーキング協会
口座番号 02750−5−0006430