日本のノルディックウォーキング史は北海道大滝(元大滝村、現伊達市大滝区)から始まったと言っても過言ではありません。
8月22日、その大滝でアドベンチャーノルディックウォーキングの大会が開催されます。コースは24キロと31キロ。この大会は大滝ノルディックウォーキング協会10周年を記念して開催されるもので、フィンランドから大滝にノルディックウォーキングを紹介したトピ・サルパランタさんがゲストとして参加されます。

大滝では昨年、アドベンチャーウォーキングが試みに開催され、本欄でもご紹介(ここをクリック)しました。

イベント情報ページの大会開催案内(ここをクリック)をご覧の上、我こそはという方、ぜひ参加してみませんか?

なお、大滝でノルディックウォーキングがどのように始まったのかについては、大滝ノルディックウォーキング協会の藤田さんへの電話インタビューが当サイト「トピックスページ」(ここをクリック)で聞けます

  ※大滝ノルディックウォーキング協会・事務局長の藤田さんがコメントを書き込んでくださっています。 表示が目立たないのですが、右上のcommentというところをクリックしてください。