ひさびさにエクセルのカスタムフィットのニューモデルが登場しました。
フィンランドのメーカー・エクセル(Exel)は、97年に世界で初めてノルディックウォーキング専用ポールを発表した先駆者ですが、その後販売ではドイツのLekiの方が優勢になっていました。
そういう中でもカスタムフィットは、長さ調節ができるタイプで、1万円台唯一のカーボン製ということで人気商品だったのですが、昨年はニューモデルを出せないでいました。カーボン製なので2本で約420グラムとたいへん軽くできています。Lekiのカーボン製は2万円以上出さないと買えません。

こんどのモデルが、前のモデルと大きく変わったと一目でわかる点は、いちばん短くした時の長さが80センチ台になったことです。調節箇所が1カ所のタイプとしては非常に短い部類に入るでしょう。また、ストラップが簡単にとりはずせるようになったことはうれしい点です。Lekiとは違う方式ではずせるようになっています。

市場の健全な発展のためには、やはり複数のメーカーが競ってほしいものです。エクセルの有力商品が再登場したことで、ノルディックウォーキング市場もいっそう活性化することでしょう。